店舗の歴史

鰻いづみの前身は江戸時代に浅草花川戸いづやでの記録があり、明治10年ころ日本橋横山町にいづ熊と店舗交換した可能性があります。

昭和23年より青戸いづみの先代が婿養子となり跡をとることとなり存続。

昭和44年から青戸に移り店名もいづみに変えてのスタートとなる。

日本橋横山町いづやの唯一繋がった店舗となる。